30代におすすめするスタイルアップボトムス(パンツ)!

30代に入り、20代の時に着ていた服が入らなくなったり、
スタイルが少し悪くなって服が似合わなくなったという問題を抱えているメンズは多いのでは。

服装を決めるうえでトップスに目がいきがちですが、
シルエットをよりよくするために実はボトムスがポイントなんです。

そこでまず抑えていただきたいシルエットについてですが、
Iライン
Aライン
Yライン(Vライン)
があります。

画像と一緒に見ていきましょう。

まずは

Iラインシルエット
dior-ho
出典:www.vogue.co.jp/
dior-hoo
出典:fashionsnap-freaks.net

ご覧のとおりタイトなトップスにタイトなボトムス(パンツ)を合わせた、まさしく
アルファベットのIのようなシルエットのことを言います。
Iラインはキレイめな印象を与えてくれ、
大人っぽい着こなしはIラインが多いです。

次に

Yライン(Vライン)
migvc
出典:media-cache-ak0.pinimg.com

0b7f1b2dac2cb0e61
出典:media-cache-ak0.pinimg.com

トップスにボリュームのあるアイテムを、ボトムス(パンツ)にはスキニーパンツのように
細身のボトムスを持ってきたまさしくアルファベットYのようなシルエット。
おしゃれな印象で上級者向けのシルエットです。

Aライン
754203_500
出典:http://wear.jp/

f5cc9948da4777
出典:bijinbu.me

トップスはスリムなシルエットで、ボトムス(パンツ)は少しワイドなシルエットのアイテムを
合わせたシルエット。スキニーパンツや細身のボトムスが苦手という方には
チャレンジしやすいですね。

以上の3つのシルエットを意識してコーディネートを組めばまず失敗はありません。
3つのシルエットを無視したような、トップス、ボトムス(パンツ)ともにだぼっとしてしまうと
いかにもだらしないシルエットになってしまいます。
30代からはぜひこの3点を意識していただきたいところ。

以上を踏まえて考えるとボトムス(パンツ)でコーディネートのシルエットが決まります。

ぴっちりするスキニーパンツを穿けば大体のコーディネートにまとまりが出るのですが、
細身は苦手、という方におすすめなのがテーパードパンツやクロップドパンツ。

nts-swet
出典:mensfashion-tomo.com

70027_11
出典:fashion.dmkt-sp.jp

テーパードパンツは裾に向かって細くなるシルエットのボトムス(パンツ)のことで、
クロップドパンツはくるぶしまでのシルエットのもの。

ポイントとは「裾」なんです。

裾がきゅっと締まったシルエットは足が細く見え、
スタイルがよく見えるんです!

最近だとジョガーパンツと呼ばれるアイテムもいいですね。

今お持ちのストレートシルエットのボトムスも、くるぶしあたりまでロールアップするだけで
印象が変わります。
ぜひおためしください!

 

さらに30代メンズの着こなしは地味すぎると、個性もなく、存在感もない印象になります。
適度にカラーを取り入れ、サイズ感を重視した着こなしを意識しましょう。

そしてボトムスのシルエットを変えるだけで全体のコーディネートの雰囲気が変わるということは意識していきましょう!

 

夏の30代メンズの着こなしにオススメ記事があったのでシェアしておきます。
女性ウケがいい!20代後半~30代メンズの夏モテファッションコーデ集

印象が変わる。大人30代にふさわしい着こなし!

20代に着ていた服のサイズが合わなくなった、持っているトレンドが一昔前で、何を着たらいいかわからない。
という声を
30代に入り、しっかりとした大人の印象を与えたいなら、まず服装から変えましょう。
服装が変わると、見た目が変わり、印象が変わります。

20代のように若々しい服装でもいいですし、
上品な30代、大人の着こなしを意識するのもいいでしょう。

210x336x9e37e43b0
出典:http://www.zucca.cc/index.html

人は第一印象でその人がどういう人かを瞬時に判断します。

57b2fd6c24ed7c2a36f18f
出典:http://deramaga.com/archives/1101

まず第一に、清潔感が重要。

だらしなく見えたり、疲れているように見られる男性に多いのは
おしゃれやファッションに関して興味がないのはもちろん、
周りにどのように見られているかを意識していない男性が多く、
20代までなら何とか若さで許される場面もありますが、
30歳を超えてそのままだと危険です。

男性は年を取れば自然と清潔感が失われていくもの。
自然の摂理です。

ですので、何もしない、気にしないは絶対NG!
上記画像の男性のように短髪が鉄則ですね!

それでは、簡単に印象を変えやすい大人の服装をポイントを踏まえてチェックしていきましょう。

Getty Digital Portrait
出典:Getty Digital Portrait

エンジ色のニットが落ち着いた雰囲気のカジュアルコーディネートです。

ニットは万能なアイテムで、
優しい印象を与えてくれ、好感度の高いアイテム。
シャツをインすれば上品にもなりますし、
程よいカジュアル感を演出してくれカラーは豊富に持っていると秋冬春、と長いシーズン使えるのでおすすめ。
もちろん毛玉には気を付けて!
いくらおしゃれで上品に着こなしていても、毛玉があればもちろんマイナスです。

275845545896871K_f
http://carat-theater.com/nativecardigan-cordinate/

トレンドを取り入れるなら、今年はネイティブ柄が流行なので、
ニットやカーディガンに取り入れると、優しい印象に加え、
トレンド感もプラスされ、さらに好印象な着こなしに。
ネイティブ柄は意外と着こなしやすくぜひおすすめしたいアイテムです。

20141023_500
出典:
zozo.jp

デニムジャケットにパーカーを組み合わせたコーディネート。
定番ながら、印象もうよく、ボトムスがブラックなのでより引き締まって見えます。
カジュアルな印象のデニムですが、襟付きを選ぶときちんと感があって
老若男女問わず選ばれる万能アイテム。

758-e142

定番のジャケットコーディネート。
清潔感に加え大人の印象が◎
スーツスタイルを好む女性が多いので、普段お仕事でスーツを着用している方も
チャレンジしやすいのでは。
ポイントはタイトシルエットにジャケットを選ぶことです。

簡単に紹介してきましたが、

以上をまとめますと
・清潔感
・サイズ感
・色を持ってくる

この3点をまず意識すれば周りからの印象も変わるはず!

そうすれば
サイズが合っていない=だらしがない
アクセでジャラジャラ=遊んでいる?

といった印象を与えずになります!

まずは第一印象から変えていきましょう!

こちらの記事も参考になりましたので
シェアしておきますね!
好感度を持てるコーディネートには清潔感がカギ